つみたてNISA(積立NISA)とは?投資初心者にオススメな理由って?

更新:2020年09月29日 投稿:2020年09月29日
  • タイトルとURLをコピー

最近、投資をする人が非常に増えているようです。
預貯金の金利が非常に低く、給料も上がりにくい今、投資を行ってお金を増やすのは必須といえるかもしれません。
ただ、投資と一口にいっても「なんだか難しそう」「大損をしそう」と思っている方も多いと思います。
確かに、投資の中には非常に難しく、大きなリスクが伴うものもあります。しかし、皆さんは積み立て投資というものをご存知でしょうか?
積み立て投資とはその名の通り、毎日や毎月、一定金額を投資に回していく投資手法です。
この積み立て投資であれば、初心者の方でも簡単にできますし、リスクを抑えることも可能です。
そこで今回は、積み立て投資の中でも特にオススメなつみたてNISAについて詳しく説明をします。

山田的ポイント!
  • つみたてNISAとは非課税の投資制度
  • 投資初心者でも簡単に投資ができる
  • 投資の基本である長期分散投資ができる
動画で解説!

つみたてNISAとは

つみたてNISAとは、積み立て投資を推進するために国が作った非課税の投資制度です。
つみたてNISAで出た利益に関しては非課税になるので、非常に有利に投資ができます。
一般的に、株式や投資信託で出た利益については20.315%の税金がかかるので、非課税である点大きなメリットだとわかりますね。

つみたてNISAの概要

つみたてNISAの概要は以下になります。

つみたてNISA 内容
利用できる人 日本に住んでいる20歳以上の人
年間投資上限額 40万円
投資期間 最大20年間
(2018年から2047年)
投資対象商品 金融庁が承認した投資信託・ETF
(2020年7月時点で182本)
利用できる口座数 1人1口座

つみたてNISAは、年間最大40万円、最大20年間投資ができる非課税口座と覚えておきましょう。
また、つみたてNISAは一般NISAと併用はできません
では、つみたてNISAと一般NISAにはどのような違いがあるのでしょうか?

つみたてNISAと一般NISAは何が違う?

一般NISAの概要は以下のようになります。

一般NISA 内容
利用できる人 日本に住んでいる20歳以上の人
年間投資上限額 120万円
投資期間 最大5年間(2014年から2023年)
投資対象商品 株式や投資信託など
利用できる口座数 1人1口座

投資期間は最大5年間となっていますが、2018年までにNISAを利用している方の場合、ロールオーバーという制度を使って、最大10年間非課税で株式や投資信託を運用することが可能です。

ロールオーバー
5年間投資をしていた株式や投資信託を、さらに最大5年間非課税で保有できる制度

新たに投資することはできませんが、非課税期間を最大10年間にできるメリットは大きいでしょう。
一般NISAとつみたてNISAには様々な違いがあります。投資できる一年間の上限金額も違いますし、非課税期間も違います。
また、つみたてNISAの場合、金融庁に承認された投資信託、もしくはETFにしか投資できませんが、一般NISAの場合、株式などにも投資ができます。

ETF
上場投資信託のこと。日経平均株価やTOPIX、NYダウ等の指数に連動するよう運用されている投資信託のひとつ。
一括投資をしたい方は一般NISAが向いていますし、毎月コツコツ投資をしたい方はつみたてNISAが向いているといえるでしょう。

つみたてNISAのメリット

つみたてNISAには様々なメリットがありますが、主なメリットは5つです。


つみたてNISAの主なメリット
  • 運用益が非課税
  • 少額から始められる
  • 非課税期間が長い
  • 商品の内容が良い
  • いつでも換金できる

それぞれのメリットについて説明していきます。

運用益が非課税

通常、投資信託や株式で運用すると、その利益に対して20.315%の税金がかかります。
仮に100万円の利益が出た場合、20万3150円の税金がかかりますが、つみたてNISAなら一切税金がかからないんです。
つみたてNISAは、最大20年間投資できるので、総額800万円を投資に回せます。
結果的に大きなお金で投資することになるので、利益も大きくなる可能性が高いです。
もし、800万円が2倍の1600万円になった場合、800万円×20.315%=162万5200円もの税金がかかるところが、つみたてNISAを使えば0です。

少額から始められる

つみたてNISAの年間最大投資金額は40万円ですが、1回あたりの投資金額を100円程度から始められます
少ない金額から投資ができるのは、投資初心者の方にとって嬉しい点といえるでしょう。
若い世代であれば、大きな金額を投資に回せない方も多いと思います。
そのような方たちにとっても、少額から始められるつみたてNISAは非常にありがたい商品ですね。

気軽に始められるのも、つみたてNISAの大きなメリットなんです!

非課税期間が長い

一般NISAの非課税期間は、ロールオーバーを使っても最大10年です。
一方、つみたてNISAの非課税期間は最大20年と非常に長いのが特徴です。
投資の大原則は長期分散投資です。長い時間をかけて投資できるのは、つみたてNISAの大きなメリットです。
20年もの時間をかければ、元本を2倍に増やすのも決して夢ではありません。
過去のシミュレーションを見ると、2倍どころか3倍4倍に増えるという結果も出ています。
短期で投資成果を求めると、逆に大きな損失を被る場合もあります。
しかし、長期投資を行うと購入平均単価が安定し、また、株価や債券の価格は基本的には右肩上がりになるので、大きな成果を得られるのです。

商品の内容が良い

現在、日本では1万本以上の投資信託があるといわれていますが、つみたてNISAで利用できる投資信託やETFは182本のみです。
いかにつみたてNISAで利用できる商品の内容が良いかがわかりますね。
つみたてNISAの投資信託の採用基準は以下の通りです。

  • 購入時手数料はゼロ(ノーロード)
  • 信託報酬は一定水準以下(例:国内株のインデックス投信の場合0.5%以下)に限定
  • 顧客一人ひとりに対して、その顧客が過去1年間に負担した信託報酬の概算金額を通知すること
  • 信託契約期間が無期限または20年以上であること
  • 分配頻度が毎月でないこと
  • ヘッジ目的の場合等を除き、デリバティブ取引による運用を行っていないこと

このように、非常にコストが安く、内容の良い投資信託を利用できるのは、つみたてNISAの大きなメリットといえるでしょう。

いつでも換金できる

つみたてNISAはいつでも換金ができます。
非課税で運用できる積立商品は、つみたてNISAの他にiDeCoがあります。

iDeCo
投資信託等の運用をしながら(非課税)、老後資金の蓄えができる制度のこと。
原則60歳になってからでないとお金を引き出せない。

もちろん、換金に制限がかかるのは、お金をしっかり貯めるには良いという見方もできます。
しかし、やはり換金に制限がかかる点に躊躇する方も多いでしょう。
一方、つみたてNISAであれば、いつでも換金が可能です。
もちろん、いつでも換金できるからといって、頻繁に換金してしまっては大きな運用成果は得られませんし、お金も貯められません。
あくまで「いつでも換金できるから安心」という気持ちで投資するようにしましょう。

つみたてNISAのデメリット

以上のように多くのメリットがあるつみたてNISAにも、当然ですがデメリットはあります。


つみたてNISAの主なデメリット
  • 元本割れの可能性がある
  • 所得控除がない

つみたてNISAのそれぞれのデメリットについてわかりやすく説明しますね。

元本割れの可能性がある

積み立て投資は、一般的に長期間行う投資なので、元本割れの可能性は一括投資に比べて低いといわれています。
しかし、可能性が低いだけであって、絶対に元本割れしないわけではありません。
仮に、20年間投資をしても元本が割れてしまう可能性は少なからずあるのです。

「絶対に元本割れを起こしたくない!」という方にはオススメできないかもしれませんが、長期間投資をすれば元本割れする可能性は低いということは知っておきましょう。

所得控除がない

つみたてNISAでは、所得控除はされません。
先ほど説明したiDeCoの場合、積み立てた金額は全額、所得控除の対象となるので、所得税・住民税が軽減できます。
この点では、iDeCoと比較するとデメリットといえますね。

つみたてNISAはこんな人にオススメ

つみたてNISAには、さまざまなメリット・デメリットがありますが、総じて考えるとメリットのほうが大きい制度と言えるでしょう。
すべての人にオススメできる制度ですが、以下3つに当てはまる方には特にオススメです。


つみたてNISAはこんな人にオススメ
  • 投資初心者の方
  • 投資にかける時間がない方
  • 計画的にお金を貯めるのが苦手な方

投資初心者の方

つみたてNISAは、投資初心者の方には特にオススメです。
つみたてNISAに採用されている商品の内容は非常に良いですし、投資の基本である長期分散投資を、簡単に実践できるからです。
商品の内容が良いので、投資知識が専門家のように豊富でなくても、大きく損失を出す可能性は限りなく少ないといえるでしょう。

投資にかける時間がない方

投資というと、頻繁にマーケット情報を確認したり、株価のチャートや為替チャートを確認するイメージがあると思います。
デイトレードなど、短期で利益を出す投資家の場合は、頻繁にマーケット情報等の確認をしなければなりません。

デイトレード
金融商品の売買を1日で完結させて利益を得る取引スタイルのこと。

しかし、つみたてNISAはあくまで長期投資が基本の商品です。
1日・1週間・1ヵ月などで結果を出す商品ではなく、何十年もかけて大きな投資成果を狙う金融商品なので、毎日頻繁に確認する必要はありません。
ニュース番組を見ていれば自然と経済に関する情報は入ってきますし、今はインターネットでも簡単にマーケットに関する情報を入手できます。
意識しないでも充分マーケットに関する情報を仕入れられるので、つみたてNISAの場合はあえて情報を取りに行く必要はないといえるでしょう。

計画的にお金が貯めるのが苦手な方

つみたてNISAは、いちど仕組みを作れば、あとは自動的にお金を投資に回してくれる金融商品です。
普段使っている普通預金から自動的に毎月投資にお金を回してくれるので、知らず知らずの間に、お金を貯めることができます。
計画的にお金を貯めるのが苦手な方にとっては、非常にオススメできる仕組みといえるでしょう。
給料日などをつみたてNISAの投資資金の引き落とし日にしておけば、口座に残ったお金で1ヵ月間生活しなければなりません。

強制的にお金を貯められるので、貯金が苦手な方にとっては非常に良い仕組みといえますね。

つみたてNISAは投資初心者にもオススメ

給料が上がりにくく公的年金の増額も期待できない今、自分の努力である程度お金を貯めていく必要があります。
投資と聞くと一部のお金持ちが行うものに聞こえるかもしれませんが、インターネットの発展のおかげで投資のハードルは非常に下がってきています。
その中でもつみたてNISAは、投資初心者の方にも簡単に投資できる制度です。
投資の基本である長期分散投資を行えますし、計画的にお金を貯められます。
つみたてNISAをまず利用して、その後投資に興味が出れば他の投資を行うのも良いでしょう。

山田
岡山県出身、上京5年目の30代独身女性。
都内のITベンチャー企業で働きながら、個人でも仕事をしているフリーランス。

山田のレゾンデートルとは?
💎私の”レゾンデートル=存在価値“発見チャンネル💎 「仕事もプライベートもストレスフリーに生き抜きたい!」という目標をもつ山田が自分のレゾンデートルを見つけて、よりよい人生を自分でデザインしていけるようになるための情報をわかりやすく発信していきます! お得情報・キャッシュレス・マネーリテラシー/キャリア・ビジネススキルのレベルを一緒に上げていきませんか?