マイナポイントとは?始まる時期、予約方法・申し込み方法、手続きについて解説

更新:2020年08月04日 投稿:2020年08月04日
  • タイトルとURLをコピー

今回は、マイナポイントのキャンペーンについて説明します。
キャンペーンはいつから始まるのか、予約方法・申し込み方法、ポイントを受け取るためにするべきことまで詳しく解説していきたいと思います。

山田的ポイント!
  • マイナポイントのキャンペーンでは最大5,000円相当のポイントがもらえる!
  • ポイントをゲットするには「マイナンバーカード」が必須
  • マイナンバーカードは申請から手元に届くまで1ヶ月程度かかることも。早めに動くべし!

動画で解説!

マイナポイントとは?

早速ですが皆さんはマイナンバーカードを持ってますか?
2016年から始まったマイナンバー制度。4年以上経った今でも、全国での普及率はまだ16%程度と、イマイチまだ広まっていないようですが、証券口座を開設するために必須となったことや、特別定額給付金のオンライン申請にも必要な書類だったことなどから「やっぱり今後持ってた方が便利なのかな?」と考えている方もいるのではないでしょうか。
そんな中、マイナンバーカードの普及と消費の活性化を見据えた、政府による期間限定のキャンペーンが始まりました。これが「マイナポイント」事業です。
mainapoint

画像引用元:マイナポイント事業

マイナポイントはいつから始まる?もらえるポイントは?

マイナポイントのキャンペーンをまとめると以下のようになります。

  • 期間:2020年9月1日から2021年3月31日まで
  • 内容:マイナンバーカードを紐付けた電子マネー、QRコード決済、クレジットカードなどで決済した金額の25%を還元
  • 上限:5,000ポイント
  • 特典:キャッシュレス決済のポイント(例.PayPayボーナス、楽天ポイントなど)

キャンペーンの対象者

今回のキャンペーンを利用できるのは、マイナンバーカードを持っている方全員です。
マイナンバーカードを持っていなければ、ポイントの還元を受けることはできません。
したがって、このキャンペーンでしっかりポイント還元を受けたい!という方は、マイナンバーカードを作るところから始めましょう。

マイナポイントの予約から申し込みまでの流れ

では続いてここからは、ポイント還元を受けるために必要な手続きを解説していきます。

ポイント還元が受けられるまでの流れ

1.マイナンバーカードを作る
2.マイナポイントの予約(マイキーIDの発行)
3.マイナポイントの申し込み(キャッシュレス決済を一つだけ選ぶ)
4.選択したキャッシュレス決済で買い物orチャージ
これらのステップをもう少し詳しく見ていきましょう。

マイナポイントにはマイナンバーカードが必須

前述の通り、ポイント還元を受けるにはマイナンバーカードが必須です。
まだマイナンバーカードを持っていないという方は、まずマイナンバーカードを申請しましょう。
発行までにおよそ1ヶ月かかるため、なるべく早めの申請がオススメです。
マイナンバー申請方法

画像引用元:ダウンロード | マイナポイント事業<マイナポイント事業リーフレット>

マイナンバーカードの申込み方法には、

  • スマートフォンによる申請
  • パソコンによる申請
  • まちなかの証明写真機からの申請
  • 郵便による申請

上記4つの方法があります。それぞれの申請方法について見ていきましょう。

マイナンバーカード発行方法①スマートフォンによる申請

スマートフォンによる申請は以下の流れで申請します。
1.交付申請書のQRコードを読み取る
または、マイナンバーカード総合サイト「スマートフォンからの申請方法はこちら」にアクセス
2.申請書ID(半角数字23桁)・メール連絡用氏名・メールアドレスを登録
3.登録されたメールアドレス宛に送られてくる「申請者専用WEBサイト」にアクセス
4.顔写真、その他必要情報を入力して送信
5.登録したメールアドレス宛に申請完了のメールが届く

マイナンバーカード発行方法②パソコンによる申請

パソコンによる申請方法は、スマートフォンによる申請と同じでほとんど変わりません。
顔写真登録時にパソコンによる申請の場合は、デジタルカメラから撮影した上でアップロードと案内がありますが、おそらくスマートフォンから撮影したものでも条件を満たせば登録できます。
自宅から申請したい場合は、スマホかパソコンのどちらかの方法が簡単でオススメです。

マイナンバーカード発行方法③まちなかの証明写真機からの申請

3つ目方法としては、まちなかの証明写真機を利用した申請方法があります。
コンビニの横などに設置されている以下該当の証明写真機で通知カードを持参することで申請が可能となっています。

  • 株式会社DNPフォトイメージングジャパン
  • 日本オート・フォート株式会社
  • 富士フイルム株式会社
  • 三吉工業株式会社
  • 株式会社プラザクリエイト

「個人番号カード申請」を選択し、料金を投入して、交付申請書のQRコードをバーコードリーダーにかざします。
それぞれ案内が微妙に異なるかと思いますが、画面の案内に従って必要情報を入力していけばOKです。

マイナンバーカード発行方法④郵便による申請

マイナンバー郵送

画像引用元: 郵便による申請方法

最後は郵便による申請です。用紙に必要事項を記入し、顔写真を貼って郵送する方法です。
郵送の際には、マイナンバーカード総合サイトから封筒材料のダウンロードができます。
これを使うと封筒代・切手代が不要になるので、ぜひ活用してみてください。

発行申請後に交付通知書が届く

マイナンバー申請
マイナンバー申請

画像引用元:マイナンバーカードの取得方法 | マイナポイントの取得・利用まで | マイナポイント事業

以上のどれかの方法でマイナンバーカードの発行を申請すると、およそ1ヶ月後に「交付通知書」が届きます。
この「交付通知書」と交付申請書・本人確認書類を持って、お住まいの市区町村の窓口まで行きましょう。
窓口でマイナンバーカードを受け取る際に設定する四桁の暗証番号はこのあとの手続きでも使うので、絶対に忘れないようにしてください。

マイナポイントの予約

マイナンバーカードが手元に届いたら、マイナポイントの予約をします。
このステップでは、ポイント還元を受ける上で必要な「マイキーID」を発行します。
まず、スマホもしくはパソコンで予約専用のアプリをインストールします。
Androidの方はGoogle Playで、iPhoneの場合はApp Storeで「マイナポイント」と検索すると出てくる「マイナポイント」アプリを、
PCの場合はマイナポイントの公式サイトから「マイキーID作成・登録準備ソフト」をインストールしましょう。

インストールが終わったら「マイナポイントの予約」を選択します。
窓口で設定した四桁の暗証番号を入力して、マイナンバーカードを読み取ります。
スマホの場合は本体のカメラを使って読み取るので問題ないのですが、パソコンの場合は別途「ICカードリーダライタ」が必要になります。
「ICカードリーダライタ」を持っていない方は、スマホからの予約が簡単です。
これで「予約」は完了です。発行された「マイキーID」はしっかり保存しておきましょう!

マイナポイントの申込み

このステップでは、ポイント還元を受けるキャッシュレス決済を1つだけ選択します。
スマホの場合は「マイナポイントアプリ」、パソコンからの場合は「マイナポイント予約・申込サイト」から行います。
主要なキャッシュレス決済ともらえるポイントをまとめると以下ようになっています。

サービス名 もらえるポイント
Suica JRE POINT
nanaco nanacoポイント
PayPay PayPayボーナス
LINE PAY LINEポイント
楽天カード 楽天ポイント
三井住友カード Vポイント

他にも、d払いやメルペイなどメジャーな電子マネー、QRコード決済は揃っています。プリペイドカード、クレジットカード、デビットカードも対象に含まれているので、チェックしておきましょう!
なお、選んだサービスによって、ポイントの付与されるタイミングなども異なります。
例えば、電子マネー「nanaco」であれば買い物4円単位で1ポイント付与。「楽天カード」であれば20,000円達成した翌々月です。
マイナンバーカードに紐づけられるキャッシュレス決済は一種類のみで、一度決めたら変えることはできません。自分のライフスタイルや還元される額をよく考えて決めましょう。

選択したキャッシュレス決済で買い物orチャージ

申し込みまで終わったら、あとは9月以降に買い物またはチャージをするだけでOKです。利用額の25%分、最大5,000ポイントが自動で還元されます。
ただし、9月以前の利用は対象外なので、この点だけ注意しておきましょう!

マイナンバーカードを作るなら今がチャンス!

以上、マイナポイントのキャンペーン内容、期間、ポイント還元を受けるための方法についてまとめました。


マイナポイントとは?
  • マイナンバーカードと紐付けたキャッシュレス決済orお買い物またはチャージで、最大5,000ポイント還元
  • 2020年9月から2021年3月末までが対象期間
  • マイナンバーカードを持っていない人は、まず申請を!

マイナンバーカードは、申請から発行まで1ヶ月ほどかかるので、早めに行動するのがベストです。
まだ持っていない方でも、やや発行の手間はかかりますが、このタイミングで作っておけばポイントによる還元が受けられるのでオススメです。
将来的にはマイナンバーカードが必須になるかもしれない中で、今発行しておくとお得なのは間違いありません。この機会に検討してみてはいかがでしょうか。

山田
岡山県出身、上京5年目の30代独身女性。
都内のITベンチャー企業で働きながら、個人でも仕事をしているフリーランス。

山田のレゾンデートルとは?
💎私の”レゾンデートル=存在価値“発見チャンネル💎 「仕事もプライベートもストレスフリーに生き抜きたい!」という目標をもつ山田が自分のレゾンデートルを見つけて、よりよい人生を自分でデザインしていけるようになるための情報をわかりやすく発信していきます! お得情報・キャッシュレス・マネーリテラシー/キャリア・ビジネススキルのレベルを一緒に上げていきませんか?